プロレスには社会とのバイパス手術が必要なんだよ!:秋岡清文

社会問題や最新ニュース、実体験を新日本プロレスにつなげるプロレスブログです。そこにはきっと新たな刺激がある。読書家(月10冊読了)。本を参考にした記事や秋岡のおすすめ書籍の紹介もおこなっています。何事も【一歩踏み出す勇気】が必要。

スポンサーリンク

【夢を見る重要性】新日本プロレスが新卒採用の会社説明会を開催!棚橋登場!試合もメイ社長も全部あり!

スポンサーリンク

f:id:san1026:20190301064431p:plain

画像引用出典:新日本プロレス公式

今年も新日本プロレスが新卒採用の会社説明会を開催するみたいです。

 新卒採用を始めて4年目になりますね!

 

2015年度には採用が無かったはず。

 

過去3年間の新卒採用者数
2016年 0名
2017年 5名
2018年 4名

 

今年は大卒2名採用のようです。

 

業績の上昇とともに裏方の社員のかたの仕事量も当然増していることでしょう。

 

増員は懸命な判断であると思います。

 

よくある職場での増員要求を会社側が聞く耳を持たない場合・・・

 

最悪離職者が大量に発生する事態にも繋がります。

 

事実私の知り合いの職場では年々過密になっていく仕事量であっても会社側が社員増員しなかったために離職者が発生。

 

ただでさえ人手が足りなくなり火の車。

 

そして耐えきれなくなりさらに次々と退職。

 

会社が募集を決断したときには時すでに遅し。

 

労働基準監督署から指導をもらい『ブラック』の烙印を押されハローワークから敬遠されることになりました。

 

私は仕事柄よく研修に行くのですが・・・

 

『会社の宝は人である』

 

これはどの研修でも必ず耳にします。

 

お金でも経営方法でも理念でもなく『人』が最も重要。

 

ですから良い人材を集め大事に育てそのうえで会社に貢献してもらうのです。

スポンサーリンク

 

 

気になる新日本プロレス離職率は・・・

過去3年間の新卒離職者数
2016年 0名
2017年 0名
2018年 0名

 

おお!すごい!

 

新入職員は夢に燃えている分失望した瞬間に離職を決意します。

 

新日本プロレスの場合・・・

 

社員が夢を継続して見ることが出来る会社なのではないでしょうか?

 

そして説明会の場所はプロレスの聖地『後楽園ホール

3年前にも開催し世間からも注目された会場。

 

特別試合も開催されます!

 

新規採用予定者に『夢』を見てもらうための方法と考えます。

「棚橋選手を生で見たい!!」
「新日興味ないけど、3月18日は無料だし暇潰しにでも行くか。」
「プロレス観戦行きたいけど、一緒に行ってくれる人がいなくて観たことない…」
「メイ社長のプレゼンを間近で見たい!」

参加するきっかけは何でも構いません!

引用出典:新日本プロレス公式

メイ社長のプレゼンもアリ!

 

私はメイ社長のプレゼン見に行きたいですね!(年齢上無理ですが)

 

企業のトップの話はどんな人でもどんな業種でもきっと糧になるでしょう。

(私はメイ社長を全否定している人物ではないですからねw) 

 

時間のある新卒採用希望者はプロレスファンでなくてもきっと楽しめるはずです。

 

ぜひ足をお運び下さい!

 

そしてプロレスにハマって下さい!

 

私の提案としてはイッテンヨンドキュメンタリーを会場で視聴できたらいいのではないかと思います。

www.dragon1026.com

この動画にはプロレスの裏方として働く人々の『夢』が詰まっていいる。

 

ワールド視聴者のみに限定公開するのはもったいない。

 

広く人々に見てもらうほうが結果的にファンの拡大と認知拡大につながると信じています。

 

この考えは下の本のおかげで考えれるようになりました。

⇨最新のプロレス情報へはこちらから!

 

今日の一冊!

 

BUSHIのTwitterに登場した『えんとつ街のプペル』

 

芸人の西野亮廣さんの絵本です。

 

なぜBUSHIがこの絵本を紹介したのかは謎ですがw

 

とてもきれいな絵で感動するストーリーです!

 

芸人さんが・・・?と侮ってはいけません。

 

この絵本35万部以上も売れているのです!

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知らない町がありました。

はえんとつだらけ。

そこかしこから煙があがり、あたまのうえはモックモク。

朝から晩までモックモク。

えんとつの町に住むひとは、くろい煙にとじこめられて、

あおい空を知りません。

かがやく星を知りません。

引用出典:えんとつ街のプペル(絵本)

『えんとつ町は、夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれる、現代社会の風刺。』西野亮廣

 

気になる方は下記画像をクリック⇩

そんな西野亮廣さんの著書で秋岡清文がおすすめする本は・・・

 

『革命のファンファーレ』!!!

 

表紙のインパクトがすごいですよねw

 

しかし内容はお笑いの話ではなくマーケティングだったり消費者心理中心。

 (内容は専門用語が少なく難しくありません)

 

そして楽しいやりたいことを追い求めることの重要性を説いています。

 

すごく読みやすいですし彼のことをきっと見直すと思います。

 

さすがお笑い芸人・・・文章も面白おかしくかけるのですね!

 

秋岡はこの本を読んで思考の扉の一つが『パカ』っと開きました。

 

いやマジで。

 

とくに先程の絵本『えんとつ街のプペル』の制作方法が分業制な理由や・・・

 

この絵本の売上部数が落ちてきた際にとった衝撃の方法は必読です!

(この方法で数万部の上積みを達成しています)

 

秋岡はこの本を読んで先程のイッテンヨンドキュメンタリーを無料で公開するといった思考に至るようになったのです

 

興味ある方は二冊合わせて読んでも面白いと思います!

 

気になる方は下記画像をクリック⇩

 

ではでは良い週末を。

⇨最新のプロレス情報へはこちらから!

 

このブログではあなたの感想をおまちしています。

Twitterや下部コメント欄にて募集中!

書くことも挑戦ですね!

⇨このブログTwitterフォローはこちらから!

⇩人気ブログはここからチェック⇩

スポンサーリンク