プロレスには社会とのバイパス手術が必要なんだよ!:秋岡清文

社会問題や最新ニュース、実体験を新日本プロレスにつなげるプロレスブログです。そこにはきっと新たな刺激がある。読書家(月10冊読了)。本を参考にした記事や秋岡のおすすめ書籍の紹介もおこなっています。何事も【一歩踏み出す勇気】が必要。

スポンサーリンク

ジェイ・ホワイトと高橋裕二郎・・・なんて賢いレスラーなのだろう【新日本プロレス】

スポンサーリンク

f:id:san1026:20201014004833p:plain

画像引用出典:新日本プロレスワールド

ジェイ・ホワイト高橋裕二郎・・・なんて賢いレスラーなのだろう【新日本プロレス

G1 CLIMAX 30・・・

 

今回のG1の大きな流れはバレットクラブの内紛がどのように進んでいくのかということ。

 

大きな見どころはここしかないと私は感じています。

 

あなたはどうでしょうか?

もちろんこのあたりの選手も人気実力とも申し分ないですし、当然のように決勝進出ラインに残っています。

 

しかしストーリーをもたせているのはバレットクラブ・・・

特にジェイ・ホワイトとEVILの関係性、それに付随する外道や高橋裕二郎の動き。

 

これ以上に『話題』を提供できている要素は今回のG1には無いと思います。

 

しかしこのお家騒動・・・

 

G1

 

という新日本プロレスが誇る世界一過酷なハイレベルリーグに必要なのか?という考えも当然生まれるわけで。

 

過去蝶野正洋は黒の軍団(T2000やNWO)の時ですら個として敬意をもってG1に参戦していたのは有名な話。

 

ですからどこかの部分ではG1への思いや敬意、対戦相手へのリスペクトが感じられるとファンとしても『特別な空間』『威厳のある大会』と意識しやすくなる。

 

と同時に選手としても大会の『価値』を保つことができる。

 

いつもの戦いと同じではだめということです。

 

スポンサーリンク

 

前回のジェイ・ホワイト高橋裕二郎との試合・・・

 

その振り返りが今回の試合後にありました。

 

ジェイ・ホワイト:それからユージロー。俺に3カウントを取らせてくれるはずだったのに、話が違った。金的攻撃まで仕掛けてきた。でも俺たちBULLET CLUBは、大丈夫だ。俺とユージローの関係にヒビなんて入らない。ゲドーも何も知らなかったと誓ってくれたし、EVILが仕組んだことでもないみたいだ。俺はゲドーの言葉を信じるし、あの後、ユージローから直接謝罪があった。俺の態度が不快に感じたらしい。リスペクトがなかったと。だから攻撃に出たらしい。でも俺は、その行動に出たユージローが立派だと思うし、ここできちんと謝らせてくれ。ユージローをバカにしたつもりは一切なかった。どうせまたファンはユージローがEVILと手を組むとか、好き放題言ってるんだろ? あり得ないことだ。俺とユージローには強い絆があるんだ。

引用:新日本プロレス公式

 

要するに裕二郎はジェイのふざけた態度に自身へのリスペクトを感じなかったことが前回の試合内容となったとのこと。

 

そのことについて素直に謝罪するジェイ・ホワイト

 

どう思いますか?

 

なに言ってるんだ!俺がリーダーだろう?大人しく従え!と言わない。

 

私が先程言ったG1への敬意=選手への敬意・・・

 

もっと言えば試合への敬意を欠いていたと気付き謝罪したのではないでしょうか?

 

その部分のジェイ・ホワイトの嗅覚というかプロレス脳というか・・・

 

賢い。

 

しかも裕二郎の行動を立派だとも言っている。

 

いいね!

G1の格も保たれているしお家騒動だけではない試合への気持ちが現れている。そして選手へのリスペクトも。

 

スポンサーリンク

 

裕二郎「(バックステージに来るなり座り込んで)俺の『G1 CLIMAX』、まだまだ1勝もできてねえよ。他の選手のコメント聞いてたらよ、いるよな? 何回か勝ってるのに、負け越しているだけで優勝を諦めてる奴がよ。でもよ、俺はまだまだ諦めてねえからよ。別によ、優勝だけが全てじゃねえんだよ。俺はよ、最後の一戦までこの『G1 CLIMAX』諦めねえからよ」

引用:新日本プロレス公式

 

 

この流れを作った高橋裕二郎は本当に素晴らしいと思う。

すんなり3カウントを取られなかった理由はいくらでも考えつくと思います。

  • たまたま
  • なにかの間違いだ
  • ○○の指示で・・・

しかしそうはしなかった。

 

ジェイの態度を不快に感じた。自分へのリスペクトがない。

 

ド直球の理由です。

 

G1で勝ちたい!という気持ちを持って試合に望んでいる・・・お家騒動でもなくチームメートに勝ちを譲るということでもない。

 

今回のG1に高橋裕二郎が一選手としてリングに上っていることを象徴する一幕・・・

 

そしてお家騒動ではなく『G1』に焦点を戻した二人の言動・・・

 

やはりG1は素晴らしいですね!

⇨最新のプロレス情報へはこちらから!

 

スポンサーリンク

 

管理職秋岡の仕事部屋

 

コロナウイルスであなたも外出等何かと自粛を強いられていると思います。

 

東京では連日200名を超す感染者が発生していますが・・・

 

地方ではどのような状況だと思いますか?

 

1人

 

です。一日に。

 

少ないからいいね!という話がしたいのではありません。

少ないからこそ身バレすると針のむしろになり、職場に復帰できず、住むところすらままならなくなるのです。

 

いやいやそんなこと今の日本で・・・と考えるのは大甘です。

 

実際に私の隣の市では感染発覚から引っ越しを余儀なくされた方がいます。

 

怖いですよね。

 

自粛しているのに挙げ句感染してしまうと針のむしろ・・・

 

近隣住民の声は抑えることはできないにしても、職場に関してはどうにかできないのか?

 

感染してもせめて職場は復帰しやすい環境を整えることはできないのか?

 

少しでもこの見えない恐怖を緩和することができないだろうか?

 

あなたならどのような対策を講じるでしょうか?

 

私秋岡が実際にとった行動・・・

 

それは・・・

 

以下の内容で会社上層部に要望を出しました。

 

『会社職員がコロナウイルス感染症に罹患した場合、その個人のプライバシーが尊重されるよう、他の職員は職場外の人物(SNS含む)に個人情報を漏らしてはならない。公的な発信は会社上層部が個人のプライバシーを尊重しつつ責任をもって対応する。』以上を会社命令で職員に通達すること。

 

これで少なくともコロナウイルスに罹患した職員の個人情報は守られ、情報の発信は一箇所からになります。

 

人の口を直接塞ぐことはできませんからどれだけの効果があるかわかりませんが・・・

 

何もしないよりはマシだと考えました。

 

これで少しでも職場の職員の不安が払拭されれば・・・・

 

まだまだ先行き不透明ですが、あなたの健康をお祈りいたします。

 

お問い合わせ、ご感想はこちらよりお願いいたします。

⇨秋岡清文お問い合わせフォーム

 

⇨このブログTwitterフォローはこちらから!

 

⇨最新のプロレス情報へはこちらから!

 

⇩このブログの応援をお願いします!⇩

⇧花火をクリックすると応援完了です!⇧

 

スポンサーリンク