プロレスには社会とのバイパス手術が必要なんだよ!:秋岡清文

社会問題や最新ニュース、実体験を新日本プロレスにつなげるプロレスブログです。そこにはきっと新たな刺激がある。読書家(月10冊読了)。本を参考にした記事や秋岡のおすすめ書籍の紹介もおこなっています。何事も【一歩踏み出す勇気】が必要。

スポンサーリンク

【ロスインゴ】ファンタスティカマニアが絶対におもしろくなる『内藤哲也』の視点はこれだ!【新日本プロレス】

スポンサーリンク

f:id:san1026:20190113012104p:plain

画像引用出典:新日本プロレスワールド

 

日から開催されている『ファンタスティカマニア』・・・

 

 

毎年開催されているこの『ファンタスティカマニア』。

 

今回で9回目。

 

秋岡的には昔はCS放送で『CMLL』とか『AAA』を見たり(たまに)

 

日本で言えばみちのくプロレスドラゴンゲート闘龍門などにもメキシコのレスラー来ていましたね。

 

プラソデプラタとかリッキーマルビンとか・・・

 

今回出場しているメンバーで言えば『アトランティス』。

 

みちのくプロレスの二代目東北ジュニアヘビー級チャンピオン。

 

当時『この選手ジュニアなのか!?』と子供ながらに感じた記憶があります。

 

今は『この選手何歳なんだ!?』と感じていますw

 

OKUMURAは全日本に昔出てたなあ・・・。

 

あっ!そうそう!昔好きだったフービー(フベントゥ・ゲレーラ)の話をしましょうか?

 

(以下省略)

 

・・・・・

・・・

・・

 

はい、ここまで読んだあなた・・・

 

 

『この話・・・つまらない!!!』

 

 

と感じたはず。

 

その気持ち・・・

 

大正解です!!!

 

会社の上司が部下に『昔はさあ~』みたいに話しているような・・・

 

友達で例えれば『俺の地元にスゲー先輩がいてさあ~』っていう話のような・・・

 

この『情報』別にほしくないと感じたでしょう。

 

ここまでの流れ・・・

 

『ワザと』やりましたw

 

ごめんなさい。

 

(読むのやめないでw)

 

私はあなたにつまらないと感じてほしかったんです。

 

ではどうしてそんなことをしたのか?

 

なにがつまらないと感じる要因だったのか?

 

答えは『メキシコ人レスラー』にあります。

 

(ここから下はちゃんと書きます。読むのやめないでついてきてくださいw)

 

タイチのツイッターにもありますが・・・

 

 

『メンバー見たらほとんど知らねぇヤツばっか』

 

このタイチの言葉が示していること。

 

『コアなメキシコファンでなければ今回の出場レスラーのほとんどが知らないレスラー』

 

『メキシコ遠征経験』のあるタイチがこの有様なのですから日本のファンのどれほどが知っているのか・・・

 

先程のワザとやった話であなたに感じてほしかったこと・・・

  • 知らない人の話しされてもつまんない
  • 興味ない
  • もしかしてワタシだけ置いてけぼり?

これは毎年このファンタスティカマニアで起こる現象です。

 

安心してください!

 

『あなただけ』では無く・・・

 

ほとんどの人が『観戦するポイント』を探せていないんです!

 

それがこの『ファンタスティカマニア』。

 

※試合内容はスゴイです!あくまでもストーリー的な感情移入できるポイントという意味です。あしからず。

 

新日本の公式サイトでもあのメキシコの〇〇〇がやってくる!

 

みたいに煽られてもファンの気持ちは・・・

  • わかんなーい
  • 見分けつかなーい
  • ドラゴン・リー!!!

最終的には『このシリーズ終わったらサヨナラだから下手に選手のこと知らなくてもいいや』ってあなたも考えていませんか?

 

ココまで書いた時点でも・・・

 

『ファンタスティカマニアの内容で進めるんならこの記事はココまで読んで見切りつけよう』

 

って考えている人きっといると思います。

 

もったいない。

 

与えられた情報の中でしか思考出来ない人・・・にはなりたくないですよね?

 

どうやったら面白く観戦できるのか?

 

何か隠されていないか?

 

自分の中でポイントを作り出せている人・・・立派です!

 

常に『受動的』に考えるのではなく『能動的』に考える。

 

ビジネスでも重要ですね。

 

話がそれましたがw

 

 誰に注目して観戦したらいいのか?

 

プロレスに関してこういった場合にどうしたらいいか・・・

 

観戦するポイントが見つからないなーってこと多くのファンに起こりやすい事象。

 

そういう場合は『一人のレスラー』にだけ注目したら良い。

 

メキシコ人レスラー『すべて』を考えるから面倒になる。

 

それを『一人に絞る』

 

では秋岡清文は誰に絞ったのか?

 

今回の出場者のなか・・・

 

 

 

 

 

f:id:san1026:20190113002309p:plain

画像引用出典:新日本プロレスワールド

 

 

  『テリブレ』

 

【ザックリ略歴】

過去にはNO LIMIT(高橋裕二郎 & 内藤哲也)とメキシコで抗争。

新日本プロレスでは2013年までにIWGPタッグ王座に挑戦。またG1 TAG LEAGUEに出場。

そして・・・

2018年2月24日、ロス・インゴベルナブレスに加入。

 

 

現在『テリブレ』は本家ロスインゴの正式メンバー。

 

 

当然今回最終戦小島聡戦以外はハポンのロスインゴの面々とチームが組まれている。

 

今回この『テリブレ』にだけ注目する。

 

はいはい、結局ロスインゴに注目しとけばいいってことなんでしょって思ったあなた・・・

 

 

当たっている・・・けど浅い。

 

 

良いんですよ、それでも。

 

楽しむポイントを作るのは個人個人の考えで行うものですから。

 

しかし秋岡清文はもう少し『こだわって』楽しみたい。

 

まあロスインゴに注目するのは同じなのですが。

 

今までのこの『ファンタスティカマニア』・・・

 

ロスインゴにはメンバーである『ルーシュ』が参戦していました。

 

それが今回『テリブレ』になった。

 

テリブレ本人も久々の新日本の感触を確かめながらの試合運びとなると考えますが・・・

 

当然タッグを組むロスインゴのメンバーも探り探りなはず。

 

  • テリブレとは組んだ場合一体どんな試合運びとなるのか?
  • タッグとして機能するのか?
  • プロレスとしての相性はいいのか?

 

全員プロですから上記のことはうまくこなすのだと思います。

 

しかし『内藤哲也』・・・

 

彼は他のメンバーよりもテリブレに対しさらに高いレベルを要求しているのではないか?

 

本人には伝えないが高いレベルで観察している。

 

テリブレとの相性、タッグとして機能するのか・・・

 

『先』を見据えることに長けている内藤哲也なら必ずそうする。

 

 

 

内藤哲也が見据える『先』・・・

 

 

 

 

 

G1タッグリーグ

 

 

 

 

 

以前内藤はたしかこう話していました。

 

『今年出場できなかったG1タッグリーグ。来年は是非出場してEVIL・SANADA組と対戦したい』

 

今のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバー的に内藤とタッグを組める人はヘビー級では余っていない。

 

過去ルーシュと組んでG1タッグリーグに出場した事がありましたが・・・

 

あの年のファンタスティカマニアでチームを組んだのもルーシュでした。

 

同じロスインゴなので当然といえば当然ですが。

 

それが今回はテリブレが来日してきた。

 

ルーシュに何か事情があったのかどうかは知りませんが・・・

 

ココで内藤が何を考えるか?

 

 

『テリブレと組んでG1タッグリーグに出場する』

 

 

この選択肢が有るのか無いのか。

 

今回のファンタスティカマニアはその『試金石』になる。

 

テリブレとの相性、タッグとして機能するのか・・・

 

今大会の結果次第で内藤哲也・テリブレ組』が誕生する!(ハズ)

 

ということは・・・

 

秋岡的にファンタスティカマニアで注目するポイント・・・

 

 

内藤とテリブレの『チームワーク

 

 

ここを中心に注目して今年の『ファンタスティカマニア』を楽しんでいきたい。

 

ちなみに最大の注目試合は・・・


2019年1月16日(水) 千葉・幕張メッセ国際展示場

 

ここで内藤とテリブレのタッグが組まれている。

 

f:id:san1026:20190113015031p:plain

画像引用出典:新日本プロレス公式

 

 

この試合が最大の査定ポイント(きっとね)。

 

内藤は果たしてテリブレとのタッグに『可能性』を感じるのか・・・

 

はたまた『テリブレとは合わねーな』となるのか・・・

 

なんだかワクワクしてきましたね!(一人でですがw)

 

どうですか?

 

秋岡の考えを聞いてあなたも少し『楽しみ』が増えましたか?

 

いずれにしても・・・

 

常に『受動的』に考えるのではなく『能動的』に考える。

 

これが重要です。

 

ありがとうございました。

 

もしこの記事が面白かったらTwitterフォローお願いします。

⇨秋岡清文のTwitterフォローはこちらから!

⇨最新のプロレスブログはこちらから!

 

このブログを応援しよう!

  

⇧ここをクリックするだけ

 

読書家 秋岡清文の・・・

⇨おすすめの本はこちらから!(準備中)

⇨今読んでいる本はこちらから!(準備中)