プロレスには社会とのバイパス手術が必要なんだよ!:秋岡清文

社会問題や最新ニュース、実体験を新日本プロレスにつなげるプロレスブログです。そこにはきっと新たな刺激がある。読書家(月10冊読了)。本を参考にした記事や秋岡のおすすめ書籍の紹介もおこなっています。何事も【一歩踏み出す勇気】が必要。

スポンサーリンク

【EVIL&SANADA】このIWGPヘビータッグ前哨戦を前哨戦で終わらせるのはもったいない!【鈴木&ザック】

スポンサーリンク

f:id:san1026:20190104004443p:plain

画像引用出典:新日本プロレスワールド

 明日・・・

 

 北海道・北海きたえーるで開催されるIWGPヘビータッグ選手権・・・

 

王者:EVIL&SANADA VS 鈴木みのる&ザックセイバーJr

 

の前に!

 

2019年2月2日・・・

 

同会場で行われるスペシャシングルマッチ2試合・・・

 

『SANADA VS 鈴木みのる

 

『EVIL VS ザックセイバーJr』

 

この2試合に秋岡は大注目しているのです!

 

え?あなたも?

 

・・・まあ『当たり前な』はなしですよね。

 

タイトルマッチが組まれているメンバーでのシングルマッチ

 

その前哨戦ともいえるこの2つのカード。

 

しかもEVILとザックは昨年カードが組まれていたにもかかわらず・・・

 

ジェリコの『試合前』乱入によりノーコンテスト

 

再戦を望むファンの声も多かったと思います。

 

EVILも『俺とザックとの試合は誰にも邪魔させねえ』とコメント。

 

試合にかける意気込みを感じる。

 

そしてSANADAと鈴木の試合も確実に『良試合』となることでしょう!

 

前哨戦の後楽園ホールイリミネーションマッチ後に激しく応酬しあった両者・・・

 

SANADAは目立ったコメントを出していませんがふつふつと怒りを溜め込んでいるような印象があります。

 

この二試合・・・

 

前哨戦としても大いに注目ですが『シングルマッチ』としてもっと価値を持たせても面白いと思っています(勝手に)

スポンサーリンク

 

 

私が考えるこの二試合のもうひとつの位置づけ・・・

 

シングルタイトルマッチ次期挑戦者決定戦

 

『SANADA VS 鈴木みのる

 

『EVIL VS ザックセイバーJr』

 

この二試合を前哨戦で終わらせるは非常にもったいない。

 

試合結果は両軍の今後の抗争につながっていくと感じていますが・・・

 

(もしどちらかのユニットが完勝した場合は抗争自体が終焉!?)

 

たしかイービルが昨年のインタビューで・・・

 

『俺たちは基本シングルプレーヤー』

 

みたいな話をしていたと思います。

 

もちろんタッグの地位向上と更なる飛躍を掲げているEVIL&SANADA組・・・

 

タッグベルトも本気で死守する・・・

 

しかしこの二試合をシングルプレーヤーとしての飛躍にもつなげることが出来るのではないでしょうか?

 

(ここからはスピード上げて書きます)

 

秋岡の勝手な願望・・・

 

この二試合の勝者がさらに勝者同士でスペシャシングルマッチを行う。

 

そうなれば・・・

 

『EVIL VS SANADA』

 

『鈴木 VS ザック』

 

『EVIL VS 鈴木』

 

『SANADA VS ザック』

 

こんな夢のカードや過去良試合だったカードの『どれかひとつ』が実現。

 

この時点でおなかいっぱいw

 

さらにその勝者がIWGPヘビーやインターコンチに挑戦する・・・

 

ん!?

 

ここまで書いて・・・気づいた・・・

 

これってニュージャパンカップじゃん・・・

 

私は何を書いていたのだろうかw

 

しかししかし!

 

やはりこのシングル2試合を前哨戦で終わらせるのはもったいないと思うんですよ。

 

いがみ合いや抗争も良いんですがたまには同ユニット対決みたいなぁ・・・

 

特にシングルは貴重だし。

 

G1でもなかなかあたらないし(贅沢ですねw)

 

とにかく!

 

今日のシングルマッチ2試合はいろんな意味で大注目です!!!

 

↓こちらの記事もどうぞ↓

www.dragon1026.com

 

最後に・・・

 

今秋岡は出張中でまともにブログが書けません。

 

このレンタルパソコン・・・

 

古すぎるよ・・・

 

おっともう時間がない!

 

では、ありがとうございました。

このブログを応援しよう!

あなたの『1クリック』が励みになります!⇩⇩⇩


プロレスランキング

⇨秋岡清文のTwitterフォローはこちらから!

⇨最新のプロレスブログはこちらから!

スポンサーリンク