プロレスには社会とのバイパス手術が必要なんだよ!:秋岡清文

社会問題や最新ニュース、実体験を新日本プロレスにつなげるプロレスブログです。そこにはきっと新たな刺激がある。読書家(月10冊読了)。本を参考にした記事や秋岡のおすすめ書籍の紹介もおこなっています。何事も【一歩踏み出す勇気】が必要。

固定カメラを喜べない人は所詮シロウト

スポンサーリンク

在『新日本プロレスの試合を見る方法』は主に3つある。

 

  • 会場で観戦
  • 地上波で視聴
  • WORLDでネット視聴

この3つ。
あなたはどの方法でご覧になっているだろうか。

 

毎回試合会場に足を運べる人は少ないだろう。
もしそんな人がいらっしゃるならば、うらやましい。
その財力、その時間的余裕、その行動力。
きっと何かしらの成功を収めているに違いない。

 

 

しかしこのような奇特な人は特例だ。
その他多くのファンは地上波、WORLDのどちらか。

 

現在新日本プロレスはWORLDの視聴者数の増加に力を入れている。


月額999円。


この金額はファンにとってまさに『関所』だ。

999円払えば何時間あっても視聴しきれないほどの膨大なライブラリーに浸ることができる。
払えなければ門前払い。
戦いの湯船にドップリ浸かることは許されない。

 

 

この999円を払うか払わないかは個人の自由。
999円払ってでも新日本の戦いの湯船に浸かり気持ちがあるかどうか。

私は関所の中に入っている。
湯船に浸かっている1人だ。
もしかしたら横にはあなたが浸かっているのかも。

 

 

WORLDの会員になっていない人の考えは様々だろう。

  • 高い。
  • お小遣いが無い。
  • そこまで新日本のファンじゃない。
  • 妻の許しが出ない。
  • 地上波で十分。

地上波の良いところは30分の短時間にうまくまとめてある点だ。
WORLDは1大会すべて見ると3時間近くかかってしまう。
シリーズ連戦ともなると毎日3時間。
なかなか社会人にはキツイ。

 

 

その点地上波はリアルタイムではないが主要な試合のダイジェストと試合後のバックステージコメントまでがスッキリしている。
これだけでも十分今の新日本の流れが確認できる。

 

 

私はWORLD会員になっていない人を悪く書きたいのではない。
みなさん事情があってのこと。
今回はそこが論点ではない。

 

 

次に私と同じWORLDの会員の方々。
きっとあなたも…かな。

WORLDの良いところは枚挙にいとまがない。

 

  • リアルタイム観戦できる。
  • 主要大会全試合見れる。
  • 過去のライブラリーで思い出に浸れる。
  • オリジナル動画もたまにある。

 

などなどとにかく盛りだくさん。
多少の使いにくさはあるものの補って余りあるボリューム。

 

 

私も最初はWORLD会員になるのを躊躇していた。
999円をケチっていたわけではないが、なかなか気が進まなかった。
【時間の確保】とでも言っておこうか。

 

膨大な量の動画を視聴する時間が確保できるのか。

 

しかし一旦会員になると浅はかな考えはすぐに改められた。
興味ある試合しか見ないし、早送り(スキップ)もする。
要するに自分の好きなように視聴すれば良いだけだったのだ。
本能のままに進めばよかったのね。


今ではドップリ浸かってます。戦いの湯船に。

 

 

WORLDの放送は試合に関して言えば大きく分けて2種類あります。

そしてこの2つには更に大きな違いがあります。
それは【カメラワーク】。

 

ライブ配信の場合、複数台のカメラで様々な視点で試合を視聴出来ます。
地上波と同じですね。
よく目にするプロレスの試合の放送が、すべてこのパターンです。
しかも解説つき。

 

苦痛にゆがむ選手の表情のアップや大迫力のアングルでの技の攻防。
その瞬間瞬間に小気味よく挿入される軽快な解説。
ライガーのスゲー。

 

ショーアップされた現在の新日本をシアルタイムで堪能出来る最高の視聴方法。
それがライブ配信

 

その点後日配信の場合は、カメラ2台のみの固定視点で試合の視聴になります。
場外はハンディ使ってますけどね。

 

この後日配信、結構評判が悪い。
特に公式リーグ戦のときには毎回ネットで不満爆発してますね。

 

  • なんで全試合ライブ配信にしないんだ
  • 解説が無いとなんだか寂しい。
  • 固定視点だとつまらない。
  • 選手の表情、技が見にくい。

ごもっともごもっとも。
何も間違っていない。
的確なご指摘ありがとうございます。

 

そりゃあライブ配信に比べて格段に見劣りしますよ。
インディー団体のケーブルテレビ配信かよ。
天下の新日本様がこんな手抜きの配信しちゃっていいの。
お金払ってるんだよこっちは。

 

通常はこう考える。
あなただってこれと同じこと考えているんじゃないですか?

 

もったいない。
この考えは非常に浅はかなのです。
固定視点、解説無しはむしろご褒美なのです。

 

なぜか?

 

それは生観戦と同じ状況だから。

 

あなたは実際に新日本プロレスを会場で観戦したことがあるだろうか。

 

チッケトを買い、入り口でもぎられる。
ドキドキしながら座席を探し、あ-この視点で今日は観戦するのかと確認。
思ったよりも見やすそうだな、良かった良かった。
胸を撫で下ろしながらぐるりと会場を見渡す。


あっちの座席めっちゃ見やすそうじゃん、いいなー。

大抵そう感じるのは花道真反対、リング正面の座席。
そう、固定視点の位置だ。
後日配信の状況と同じ。

 

そして始まる試合。
ここでテレビでしかプロレスを見たことがない人が必ず感じることがある。

なんか静かじゃない?

テレビとなんだか違う。

わかった、解説がないぞ。
今日は特別無い日なのか。
いや今日は大阪城ホール大会、そんなはずがない。

 

いやいや無いんです。
実際の試合会場には解説の声が無い


これも後日配信の状況と同じ。
行ってみて初めて気づく事実。

 

何が言いたいかわかりましたか?
要するに後日配信の状況は生観戦したときと同じ状況なのです。
購入した座席からの固定された視点。
試合中は解説なし。

 

試合を生で観戦したことがある人にとっては当たり前の光景。
この状況をWORLDで体験できていると考えないともったいない。

 

文句はいくらでも言える。ライブ配信にしか良い点を見いだせていないから。
ライブ配信が至高で後日配信は手抜き。


そんな考え捨ててください。

 

とにかくもったいない。

 

後日配信の配信状況にも良い点はたくさんある。
そこを見いだせない人は欠点ばかりに目がいく人なのでしょう。
実生活でも相手の良い点の観察ができていない。

 

損しますよ。


まず良席である花道真反対、リング正面の座席からの視点で視聴出来る。
ラッキーいい席ですね。
そこからのながめ、選手の動きが手に取るようにわかる。
ライブ配信だと目まぐるしく視点が変わって選手の動きが把握しにくい。

 

そしてセコンドの動きもよく見える。
邪道が暗躍している様とかずっと目で動きをを追いたくなる。
あー今竹刀もった、とか。

 

解説が無いことで試合に集中できる。
ファンの歓声や拍手のタイミング。
ロックアップするまでの静けさから一気に会場が沸くムーブ。
生観戦しているように伝わってくる。

 


真の会場の雰囲気

 

 

あなたがもし後日配信の状況を楽しめていないのなら、ぜひ生観戦しているのだと思って視聴してほしい。
そして拍手し声援を送り絶叫するのだ。
ライブ配信では感じることの出来ない生観戦の疑似体験。
固定視点解説無しの功罪。

ここを楽しまぬ手はない。

⇨最新のプロレスブログはココをクリック!!

 

⇨秋岡清文のTwitterフォローはこちらから!!