プロレスには社会とのバイパス手術が必要なんだよ!:秋岡清文

社会問題や最新ニュース、実体験を新日本プロレスにつなげるプロレスブログです。そこにはきっと新たな刺激がある。読書家(月10冊読了)。本を参考にした記事や秋岡のおすすめ書籍の紹介もおこなっています。何事も【一歩踏み出す勇気】が必要。

スポンサーリンク

【AEW】ケニーオメガの日本語マイクまとめ【新日本プロレス】

スポンサーリンク

f:id:san1026:20190209083901p:plain

画像引用出典:新日本プロレスワールド

AEW参戦が決定したケニーオメガ。

 

AEWとの契約内容は私の知るすべはないが、新日本プロレスの公式サイトに未だ名を連ねていることから・・・(2019/2/9現在)

 

『可能性』を感じずにはいられない。

 

新たなステージへとかじを切ったケニーの決断・・・

 

『AEW』

 

やはり判断基準は以前私が熱く語った『ケニーオメガが行ってファンが喜ぶところ』だった。

www.dragon1026.com

 

あちらのファンの声のほうがケニーには大きく聞こえたのか・・・

 

事実会見に臨んだケニーは大観衆の前で大歓迎を受けている。

 

カナダの田舎から始まったケニーのプロレス人生・・・

 

DDTで花開き新日本プロレスで世界No.1と言っても過言ではない選手となった。

 

そしてその最終段階に『AEW』を選んだ。

 

『ファンが必要としてくれる場所』にいるために。

 

今回保存用として『ケニーオメガの日本語マイクまとめ』を作成した。

 

しかしこの保存用はいろんな意味で完成していない。

 

まとめ漏れがあると思うし・・・(加えてほしい日本語マイクアピールあったらTwitterかコメント欄で教えてください。動画で確認できるもの限定)

 

何より今後ケニーが試合後日本のファンに向けての日本語発言が私はあると考えているからだ。

 

・・・いや願っているというのが正しい。

 

ケニーが日本語を使うということは日本のファンに届けたい気持ちからだと思う。

 

リング上のマイクで日本のファンへの言葉。

 

その場所はAEWのリング上かもしれないし『新日本プロレス』のリング上かもしれない。

 

何が起こるかわからないプロレス。

 

今回の決定もプラスの方向に動いてほしいものです。

 

では以下からまとめです。

 

ニーオメガ日本語マイク(主に試合後)まとめました。

新日本プロレス時代限定】

※記述に公式サイトと若干の違いがあります。まるっきりテキスト引用するのではなく動画から独自に書き起こしした為です。まとめ漏れあると思います。あしからず。

 2016年2月14日 新潟・アオーレ長岡

THE NEW BEGINNING in NIIGATA

IWGPインターコンチネンタル王座決定戦 棚橋弘至 VS ケニーオメガ

勝者:ケニーオメガ

【試合後リング上】

(英語で)

今夜、俺は新チャンピオンになった。お前たちが望んでいなくても気にしない。お前らが英語がしゃべれなくても俺は気にしない。俺は英語でしゃべる。全然、気にしない!

(日本語で)

でも、来てくれてありがとうございました!

参考動画:NJPW WORLD

2016年8月14日 東京・両国国技館

バディファイト Presents G1 CLIMAX 26

優勝決定戦 ケニーオメガ VS 後藤洋央紀

勝者:ケニーオメガ

【試合後リング上】

(日本語で)

わからないんだろう?

だから、今からですね、今回、今回だけ、

オレが日本語を話す。

ビックリしてるんだろう?

悪いんですが、今のところまでオレがただ日本語話したくなかった。

オレはヒールだからさぁ。

(観客に向かって)黙れ。

ヒールなのに日本語話せるなのに、

お前らの好きな選手が大嫌いですよね。

だからオレが許せない。

だからみんながケニーオメガ、ワタシのこと応援してくれないとキライですねー!

でも嫌いかどうかどっちにしても日本はオレのホーム。

新日本はオレのホーム。

だからそっち行かない。

Good-bye&Goodnight!

参考動画:NJPW WORLD

2017年11月5日 大阪・大阪府立体育会館

POWER STRUGGLE 

IWGP USヘビー級選手権試合 ケニーオメガ VS バレッタ

勝者:ケニーオメガ

【試合後リング上】

(日本語で)

オレはバカだな。オレがいままで日本語を話してないから、理解ができませんよね?

だからさ、今回、今回だけ、ワタシが日本語、話してやるよ。

もし、挑戦したいヤツがいたら出てください。

誰か、いないの? いないの? いないの?

まあ、やっぱりいないわ。だから、もうグッバイというしかない。

(ここでクリス・ジェリコの動画)

ジェリコの動画の後日本語で)

ジェリコvsオメガ・・・

おもしろいなぁ、やってやるぜ!

参考動画:NJPW WORLD

2018年6月9日 大阪・大阪城ホール

DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL 時間無制限3本勝負  IWGPヘビー級選手権試合

オカダ・カズチカ VS ケニーオメガ

勝者:ケニーオメガ

【試合後リング上】

(日本語で)

少し、日本語で頑張ろうか? この10年、色々なことが達成してきた。もちろん、最後は、最後の目標は、このIWGPヘビー級チャンピオンです。もしこのベルトを獲ったら、もう日本に離れるかもしれないと思ってました。ですけれども今日の大会中で、さっきの試合中で、プロレスの未来を見てました。プロレスがホントに進化したのを感じた、だから、だ~からさ、新日本のリーダーで、新日本のチャンピオンで、次のステップ、前を進みたいと思ってます。

それで、ケニーオメガはチャンピオンで、ヤングバックスはチャンピオンで、ブシさんと最強なイケメンのタッグチームパートナーで、何でもできそう!だからみんな一緒に頑張ろう!

(英語中略)

GOOD BYE&GOOD NIGHT BANG!

参考動画:NJPW WORLD

2018年8月11日 東京・日本武道館

Presents G1 CLIMAX 28

G1 CLIMAX 28」Bブロック公式戦 ケニーオメガ VS 飯伏幸太

勝者:飯伏幸太

【バックステージ】

(日本語で)

座りましょうか。何とか、俺は自分の力で歩いて帰れました。
飯伏「俺は帰れなかった」
負けることはもちろん悔しいです。それは、チャンピオンとしてはね、悔しいです。でも、俺のパートナー、親友、飯伏幸太が決勝戦に行けて、タナと試合ができて、それで私がうれしいです。全力で応援するしかない。明日も、セコンド・・・まぁもし、飯伏さんがよかったら私、セコンドに行きたいと思います。
飯伏「お願いします」
はい。
──飯伏選手、6年前と同じ武道館で、ケニー選手との戦いでした。どんな戦いでしたか?
飯伏「ホントに、覚えてないです」
アハハハ
飯伏「ホントに、ホントに」
作戦通りでしょ、飯伏さん。私は何も覚えられない。頭ぶつかって。明日はタッグマッチでよかった、飯伏さんはちょっと厳しいかもしれないけど。でも、タナだから大丈夫でしょ。まぁ、悪口言いたくないですけど、今はコウタ・イブシの時代ですよ。変に聞こえるかもしれないけど、正直、私もフルパワーで、少し、負けたいという気がしました。負けたいというのは、誰かに進化してほしくて、誰か、私より強い相手に出てきてほしかった。それは、私とイブたんにとって、すごい、いいことですね。うれしいです。
──ケニー選手はどんな思いで試合を見ていきたいですか?
まぁホントはね、飯伏とシングルは、全部私の負けですね。3回目も。何で答えがないか、それを探さないと。でもやっぱり、自分のパートナーともう、戦いたくない。特別な場所じゃないとね。特別な会場じゃないと。今回、『G1 CLIMAX』のBブロックで、仕方がないことでしたけど、まぁこれからは、偶然だったら・・・

参考動画:NJPW WORLD

2018年9月15日 広島・広島サンプラザホール

f:id:san1026:20190118225356p:plain

画像引用出典:新日本プロレス公式

DESTRUCTION in HIROSHIMA

 IWGPヘビー級選手権試合 ケニーオメガ VS 石井智宏

勝者:ケニーオメガ

【試合後リング上】

(日本語で)

なんだかなあ、イシイさん。これが終わってない気がするんですね。

あとは、なんですか、

オレがチャンピオンになってから、ワタシが強いというの意味になったかと思った。

オレはベスト! 世界一でしょう!

でも、本当はな、本当はそうじゃない。

本当はね、イブシ、自分はベストは、全てイブシ、お前のおかげだ。

だからさ、大阪城ホール終わってから言ったんですよ。いつでもどこでもいいですよ。

 飯伏「ケニー、俺らの約束を果たそう」

(日本語で)

そうか、約束があったんだね。

だからさ、どこに行っても、どこの国に行くとしても、

ゴールデン☆ラヴァーズが同じ気持ちで同じ心で闘っていきたいと思います。

どんなベルトよりもゴールデン☆ラヴァーズは一番大切にしてる!

時間がもうないですね。

だから、来てくれたみんなありがとうございました。

だからさ、いつものセリフわかってるんだろう?

イブシ、一緒に言いましょう?

はい、そうですね、ゴールデントリガーのパターン。

Good-bye&Goodnight! Bang!

参考動画:NJPW WORLD

【バックステージ】

(日本語で)

東京ドームじゃなくて、今すぐやりたいと言おうと思ってた。

本当はね。

でもタナハシ、ちょっとだけ待ってほしい。

先に強いのオカダを倒して、今度その相手を倒して、

それでこのオレ様、このプロレスのシンボルを挑戦ができる。

その時だけ、お前のIdeologyが正しいと言えるんだ。

(飯伏に抱えられそうになって)

イブシさん、キミが好きだと叫びたい。

(二人笑い合う)

それは好きな歌ですよ。

最近スラムダンク見てるから。

アニメですね。

一緒にいてくれてありがとうございます

これからも、このままで。

参考動画:NJPW WORLD

スポンサーリンク

 

 2018年10月8日 東京・両国国技館

KING OF PRO-WRESTLING

IWGPヘビー級選手権試合3WAYマッチ ケニーオメガ VS Cody VS 飯伏幸太

勝者:ケニーオメガ

【試合後リング上】

(日本語で)

ちょっと待ってて。イブシさんが立てるまで、私、待ってるよ。ELITEの皆さんが一緒に立てるまで、最後のマイクパフォーマンスはやらないです。オッケーって言ってたら飯伏さん、立ちますよ?締めますよ?

(飯伏が)立てるって。立つって。みんな一緒に、BULLET CLUBじゃなくて、ELITE、ELITEで、最後でそのリングの中に立っていましょう。

もしかしたら、この会場の中の皆さんが、3WAYマッチは初めて見たところですか?初めてですか?

まあ、1人ずつ聞かないですけど、みんなが同じ声でみんなが同じタイミングで、それはどう思ってましたか? 面白かったですか? 実現ができて、この試合ができて、それはファンの皆さんのおかげですよ?この団体のおかげですよ?もちろん、ほかの団体ができるかもしれないですが、ケニー・オメガっぽく、飯伏っぽく、Codyっぽく、まあ一般的にELITEっぽくできない。

だから、もう一回感謝したいと思います。だからさ、もう最後で東京ドームのメインが決まったんじゃないですか?

まあ、たしかにそろそろ会見ですから、もう何も言わなくてもいいんじゃない?だからさ、締めましょう。

イブシ、アイラブユーサンキュー(飯伏らと抱き合う)

参考動画:NJPW WORLD

(棚橋登場)

(日本語で)

タナハシ。2人とも疲れてるんだろう。ですから、もし何か言いたいならいまのうちだぜ!

(棚橋マイク割愛)

(日本語で)

東京ドームだったら、GO ACEってなるかもしれないですけど・・・両国はすみませんですが、両国はですね・・・

Good Bye&Good Night! BANG!!

 参考動画:NJPW WORLD

2018年12月15日 東京・後楽園ホール

ウィル・オスプレイ棚橋弘至 VS ケニーオメガ&飯伏幸太

勝者:ケニーオメガ

【試合後リング上】

(日本語で)

最近気づいてるよ。ワタシ、思ってるほど、人気じゃなかったんですね。だからさ、俺の考え方は正しいかと思ったんですけど、もちろんタナの考え方も正しくはないと思ってるんですけど、もしかしたらさ、2人とも間違っているかもしれない。ホントの一番いいスタイルは、今日みたいな試合、すべてを懸けて、全力で、魂で、試合をやる・・・のが! 正しいんじゃないですかね?

だけどさ棚橋さん。お前のこと、まだ別に好きじゃないです。だから、東京ドームで、まあ悪いことしちゃうかもしれないね。だけど、そのときまで…お!? え!?イブシさん?ちょっと待って。えっ何か聞こえてるのかい?イブシさん。もしかしたら、あれは・・・え?サンタクロースですか?おっ雪が降りそうじゃないですか、イブシさん!? たしかにイブシさん、そろそろクリスマスなんですかね? だから、まあ、いつものどおりいつものセリフ言うより、もしかしたら歌ったほうがいいかもしれない。去年は終わることができなくてすみません。でも、2年前、私がリングの真ん中に立っている状態で雪が降ってたんだね。もしかしたらスノーマシンがあるかどうかわからないんですけど、勇気があれば、皆さん一緒に歌いましょうか?

イブシさんもお願いします。昨日テレビで本物を見てましたね。みんなのために歌います。(歌いだす)

歌うことが出来てありがとうございます。いつものセリフ言います。でもその前にイブシさん何か言いたいことがありますか?

飯伏『ありません、でも!』

結構寒いですねイブシさん!

(飯伏マイク割愛)

(日本語で)

イブシさんが自分のセリフを作るまで、俺のセリフで行こう。皆さん、Good Bye&Good Night! BANG!

(これが今の所リング上での最後の日本語マイク)

参考動画:NJPW WORLD

おまけ

019年1月17日 東京スポーツ新聞社制定「2018年度プロレス大賞」授賞式

 

www.youtube.com

年間最高試合(ベストバウト) ケニー・オメガVSオカダ・カズチカ

(6月9日・新日本プロレス大阪城ホール大会、IWGPヘビー級3本勝負)

勝者:ケニーオメガ

【舞台上】

(日本語で)

新日本プロレスのケニーオメガです。ベストバウトありがとうございました。今年ですね、まあ悲しいことを言いたくないんですけど、来年またこのステージに立てないかもしれないですね。なんですけれども・・・世界で活躍をして、世界で活躍を見せて、また大きい会場でベストバウトを必ず見せますので、東スポ大賞はこれで最後ではないと思うんですけど・・・。またいつかはベストバウトかMVPか技能賞か何かとりたいと思います!また会う日まで、Good Bye&Good Night・・・(声を出さずに)BANG。

参考動画:tokyosportsmovie

(舞台下)

(日本語で)

お祝いは楽しかった。あらためて今年はケニーオメガという姿がいなくなってしまうかもしれないんですけど・・・出来るときにまた日本に出て、またすごいベストバウト的なパフォーマンスをして・・・(プロレス大賞のステージを指しながら)出来ればね、そっちのステージをまた立つと思う。ありがとうございました。

参考動画:tokyosportsmovie

 

ケニーオメガのプロレス人生に幸あれ!

 

⇨最新のプロレス記事はこちらから!

 

⇨人気ブログランキングはこちらから! 

 

このブログを応援しよう!

あなたの『1クリック』が励みになります!⇩⇩⇩

⇨秋岡清文Twitterフォローはこちらから!

スポンサーリンク