プロレスには社会とのバイパス手術が必要なんだよ!:秋岡清文

社会問題や最新ニュース、実体験を新日本プロレスにつなげるプロレスブログです。そこにはきっと新たな刺激がある。読書家(月10冊読了)。本を参考にした記事や秋岡のおすすめ書籍の紹介もおこなっています。何事も【一歩踏み出す勇気】が必要。

スポンサーリンク

海野翔太はジャイアント馬場追善興行で爪痕を残せるのか?

スポンサーリンク

f:id:san1026:20190217231854p:plain

画像引用出典:海野翔太公式Twitter

2019年2月19日両国国技館・・・

 

この日偉大なプロレスラー『ジャイアント馬場』の没20年追善興行が行われる。

 

様々な団体が参加している中、海野翔太が出場するカードは以下の通り。

 

■第5試合 3WAYタッグマッチ 30分1本勝負
SANADA & BUSHI(新日本プロレスL・I・J)
VS
ジェイク・リー & 岩本煌史(全日本プロレスSweeper)
VS
海野翔太(新日本プロレス) & 吉田綾斗(KAIENTAI DOJO)
※試合ルール:3チームの代表者3名が同時に闘い、2チーム間で勝敗が決した時点で試合終了。勝利した選手のチームが勝者となります。

 

海野にとっては慣れた吉田とのタッグ。先日のEVIL・SANADA組との試合以来のビッグマッチと言える。

 

今回のルールは3WAY。リング上入り乱れて戦うことは海野にとっては少々きついかもしれない。

 

しかし何事も経験しなければ成長はない。

 

どんな仕事だって最初は未経験から始まるのです(海野が3WAY経験済みかは調査不足です)

 

一歩踏み出さなければ何も得られない。

dx-sp.gsj.bz

今回全日本側の選手のインタビューを目にする機会があったのですが、ジェイク選手はSANADAとBUSHIが全日本に所属していた時代の後輩だったらしく、かつての先輩二人へ成長した姿を見せることが出来るのか注目です。

 

ジェイク的には同じヘビー級のSANADAにターゲットを絞っていて『実際に対峙してみて自分自身が何を感じるのかが楽しみ』とのこと。

 

ん・・・?まあいいや続けます。

 

つぎにもうひとりの岩本煌史選手はBUSHI選手が気になる様子。

 

実は岩本煌史選手は全日本Jrチャンピオンなのです。新日本で言うところのIWGPJrチャンピオン。

 

当然同じJrのBUSHI選手を意識する。

 

そして相手はLIJという日本プロレス界でも注目のユニットに所属する選手。

 

岩本煌史とBUSHIのぶつかり合いにも俄然注目が集まるでしょう。

 

ん・・・んん!?

 

なんだか秋岡の楽しみな展開と違う・・・

 

今回の第五試合の出場選手をもう一度見てみましょう。

 

SANADA & BUSHI(新日本プロレスL・I・J)
VS
ジェイク・リー & 岩本煌史(全日本プロレスSweeper)
VS
海野翔太(新日本プロレス) & 吉田綾斗(KAIENTAI DOJO)

 

まず全日本プロレスの2選手。

 

そしてSANADAとBUSHIは元全日本の選手。

 

さらにタッグを組む吉田綾斗はKAIENTAI DOJO所属。

 

ということは・・・

 

このカード実は生粋の新日本『生え抜き』は海野翔太しかいないのです。

 

進んできた道の違いからSANADAとBUSHIを新日本の選手とみなしていない訳ではないのですが・・・

 

やはり『生え抜き』というのは私の中で特別な感情を持って見てしまうのです。

 

愛でると言うか・・・

 

わが巨人軍で言えば坂本と菅野・・・今なら岡本和真ですね!(わかりにくいかw)

 

一昔前では新日本プロレス全日本プロレスの選手がぶつかるということはすなわち『戦争』を意味していました。

 

健介・川田戦という歴史的カード・・・

 

天山・小島戦でのダブルタイトルマッチ・・・

www.dragon1026.com

スポンサーリンク

 

殺伐とした空気が欲しいわけではないのですが・・・

 

なんだか海野翔太が無視されている状態に新日本が舐められているように感じてしまうのです。

 

はい、完全に勝手な解釈で進めていますw

 

しかし今回私が見た全日本の選手のインタビュー記事では一言も海野翔太という言葉は出ていませんでした。(他の記事で触れていたらすみません)

 

確かに海野はこの対戦カードで一番若く経験年数も劣っています。

 

実力もまだまだ肩を並べるには程遠いでしょう。

 

しかし新日本生え抜きの意地をぜひ見せてきてほしい。

 

他団体との試合での生え抜きの意地・・・

 

私にはお気に入りの試合があります。

 

#大家帝国主催興行〜マッスルメイツの2015〜 11月17日 東京・後楽園ホール スペシャルタッグマッチ

HARASHIMA&大家健 VS 棚橋弘至小松洋平

 

棚橋の発言から険悪となった後に開かれた新日本とDDT勢の試合。

 

新日本コールとDDTコールの大合唱・・・

 

両団体のプライド・・・

 

この試合で当時若手だった小松洋平DDTHARASHIMAのフィニッシャー蒼魔刀を逆エビで切り替えしたシーン

f:id:san1026:20190217230142p:plain

画像引用出典:新日本プロレスワールド

 

新日本プロレスの意地を感じました。

 

私は本当にこの時感動した。

 

海野翔太にはぜひこの時のようなみんながあっと驚く試合を見せてほしい。

 

新日本プロレスの意地を感じさせてほしい。

 

そう心から願っています。

めっちゃ期待しています!!! 

(当日来場する猪木に気をつけてね!!!)

 

⇨最新のプロレス記事はこちらから!

 

 

おすすめ記事

www.dragon1026.com

このブログを応援しよう!

あなたの『1クリック』が励みになります!⇩⇩⇩


プロレスランキング

⇧⇧⇧ここをクリックするだけ

 

⇨秋岡清文のTwitterフォローはこちらから!

スポンサーリンク